東京大阪間の新幹線料金、指定席チケットの場合は、『のぞみ、ひかり、こだま』でわずかですが、差がありました。(詳しくは、『ぷらっとこだま』の格安料金紹介で説明)しかし、自由席の場合は、片道の通常料金均一の13,620円です。

 

それなら、乗車時間が最も短い約2時間30分の『のぞみ』に乗るのが、一番お得度高い気がしますが、自由席の場合、最悪座れないというケースも想定しなければなりませんので、『のぞみ』に乗車するのがベストとは限らないのです。

 

それでは、どんな時に自由席を活用していけばいいのでしょうか。

 

お盆や年末年始で新幹線料金が気になる場合

指定席と自由席の料金の差が最も顕著に判明するのは、数名で新幹線に乗った時です。特にお盆や年末年始で家族で新幹線を利用する時、人数の差が出ます。特に未就学児童(小学校入学前の子供)がいる場合は、断然自由席がお得になります。

 

例えば、家族3人を想定したケース(大人2人と未就学児童1人)

 

この場合、自由席であれば

13,260円 × 2枚 = 26,520円です。

 

しかし、指定席になると

14,450円 × 2枚 + 7,220円 ×1枚 =36,120円です。

 

その差、なんと約1万円です。その理由は指定席を確保する為に、例え未就学児童であっても子供料金が必要になるからです。しかし、自由席であれば、未就学児童の席確保に料金はかかりません。

 

指定席に座っても、未就学児は大人の膝の上に載せるから、子供用の席は確保しないという方もいますが、どんなに早くても東京大阪間は約2時間30分かかります。それだけの期間、よほど子供が小さくない限り疲れてしまいます。これでは折角の旅行がだいなしです。

 

やはり、積極的に自由席を有効活用した方がお得です。

 

次に自由席で座る確率をアップさせる方法です。

 

東京大阪間で確実に自由席を確保する方法

 

東京大阪間の新幹線で自由席に確実に座る方法、繁忙期でなければ、かなりの確率で成功しますので、ぜひご参考にしてください。

 

始発列車に乗車する

東京~大阪に行く場合は、品川駅より東京駅から新幹線に乗るのがお勧めです。その理由は、東京駅が新幹線の始発駅になるからです。品川駅と東京駅はJR山手線でも約10分程の乗車時間です。

 

品川駅の方が最寄り駅から近い方は、通常品川駅を新幹線の乗車駅として選んでしまいますが、新大阪駅迄の乗車料金は変わりませんので、東京まで足を運ぶ価値はあります。

 

品川駅に新幹線が停車した時点で、自由席のほとんどが座られているケースはよくあります。

 

逆に大阪~東京に行く新幹線の場合は、新大阪発の新幹線を選びましょう。博多や広島始発の新幹線車両は結構混みあっているものですし、折角席が空いたとしても、既に列車の中にいる方に席を取られてしまう可能性の方が高いです。

 

 

のぞみよりひかりにする

同じ新幹線料金なら、なるべく早く着いた方が良い、だれでも同じことを考えますので、必然と停車駅が少ない『のぞみ』の列車は人気が出て混雑します。ここは少し、スケジュールに余裕をもって、『のぞみ』より『ひかり』、『ひかり』より『こだま』の車両を選んでみては如何でしょうか。

 

特に、『のぞみ』と『ひかり』の乗車時間の差は、約30分です。ずーっと立ち続けての2時間30分と、座れる3時間、お得なのはどちらでしょうか?

 

通勤ラッシュの時間帯は避ける

朝や夕方の通勤ラッシュと同じで、平日の新幹線は、朝7時から9時の間と夕方18時から20時迄が結構混雑します。また、東京大阪間の終電となる、21時過ぎの新幹線、指定席の予約も取れない程、混雑する事が良くあります。勿論、自由席はもっと混みます。

 

よって、朝なら7時より早く、夕方なら18時になる前に新幹線に乗車する方が、自由席に座れる可能性がかなり高くなります。

 

 

列が混んでいたら、次の列車にする

新幹線の自由席に確実に座る方法の王道です。これを始発列車の乗車駅でおこなえば確実に座る事が出来ます。しかし、繁忙期などでは、使えないテクニックになる可能性もあるので、ご注意ください。

 

 

以上『格安自由席を上手に使いこなす方法』でした。自由席の魅力は何より自由度の高さですが、当日慌ただしくなる事はご覚悟下さい。

 

そんな時、ゆったり新幹線の旅を楽しみたい方には、ホテル予約付きのJR・新幹線宿泊セットがお勧めです。乗車時期によっては、新幹線の往復チケットを正規に購入するよりも安く入手する事も出来ますよ。