新幹線のチケット東京大阪間を購入すると、切符に東京(都区内)⇔新大阪(市内)と記入されています。通常の在来線の切符ならば、駅名が記載されているはずです。新幹線の切符にはなぜこのように書かれているのでしょうか。

 

その理由は、新幹線に乗車する前の在来線でも利用出来る事を意味しています。つまり、その区間は新幹線料金に含まれているので、無料で乗り継ぎできますよという事なのです。

 

 

実はこれ、新幹線チケットを切符で購入した方だけが手にする事が出来る特典です。新幹線に乗る場合、新幹線の乗車(乗降り)駅しか電車を利用しない、なんて方は、ほとんどいないはずです。

 

 

その場合、乗車駅である東京もしくは新大阪駅迄、在来線を利用する事になりますが、その費用が無料になるかどうかって、結構重要な事です。

 

しかし、実は新幹線のチケットによっては、この在来線の乗車区間を無料で乗る事が出来なくなるのです。例えば、チケットレスで新幹線チケットを購入した場合、在来線を乗るのに追加費用がかかります。記事の最後に、この恩恵を受ける事が出来るケース、出来ないケースをまとめておきますので、まずは、東京(都区内)⇔新大阪(市内)についてです。

 

東京都区内について

東京都区内とは、その記載通り、東京都の23区内のJR駅において、利用が可能という意味です。JR線の普通列車(特急以外)であれば、路線は関係ありません。(地下鉄、私鉄の利用は出来ません)

 

新幹線切符の東京都区内のエリア図

Tokyo-tokunai

新幹線切符の東京都区内で使用できる路線と駅

東海道本線:東京 – 蒲田間、品川 – 西大井間
山手線:全線全駅
赤羽線:全線全駅
中央本線:神田 – 代々木間、新宿 – 西荻窪間
総武本線:東京 – 小岩間、錦糸町 – 御茶ノ水間
京葉線:東京 – 葛西臨海公園間
東北本線:東京 – 赤羽(京浜東北線・中距離電車共に)、赤羽 – 浮間舟渡間
常磐線:日暮里 – 金町間

 

 

この中で、一番料金が高くなるのが、西荻窪駅から乗車した場合で片道390円です。例え数百円の差でも往復料金となると2倍ですから、馬鹿に出来ません。無料に出来るなら無料にした方が、断然お得です。

 

その他、東京駅から比較的離れている駅からの片道料金

  • 金町⇒東京・・・・・・・・・310円
  • 浮間船橋⇒東京・・・・・・・310円
  • 小岩⇒東京・・・・・・・・・220円
  • 葛西臨海公園⇒東京・・・・・220円

 

2017年9月追記

新幹線の東京都区内で利用できる方は、便利な制度ですが、ちょっと遠方の方の場合、新幹線に乗車する前にも費用がかかるので注意が必要です。しかし、その遠方を逆手に取る手法もあります。

実は最近管理人、東京大阪間を移動するのに格安航空券のLCCを利用しています。

 

千葉県の成田から出発出来る大阪行きのLCCはなんと4社も存在しています。

料金は確実に新幹線より安いです。時間は同じか、場合によってはもう少しかかります。

LCC格安航空券についても記事をまとめていきますので、参考にしてみてください。

東京大阪LCC

 

大阪市内について

大阪市内とは、その記載通り、大阪市内のJR駅において、利用が可能という意味です。JR線の普通列車(特急以外)であれば、路線は関係ありません。(地下鉄、私鉄の利用は出来ません)

 

新幹線切符の大阪市内のエリア図

Osaka-shinai

新幹線切符の大阪市内で使用できる路線と駅

東海道本線:東淀川 – 塚本間
大阪環状線:全線全駅
桜島線:全線全駅
関西本線:加美 – JR難波間
阪和線:天王寺 – 杉本町間
片町線:放出 – 京橋間
JR東西線:京橋 – 加島間
(*大阪市平野区にある新加美(おおさか東線)を除く 大阪市内発着の乗車券の特例が存在)

 

この中で、一番料金が高くなるのが、杉本町駅から乗車した場合で片道390円、乗車時間も約40分(所要時間は乗り換えがあるので約1時間)です。新幹線の切符があれば、かなりの距離を無料で乗車する事が出来るのです。

その他、新大阪駅から比較的離れている駅からの片道料金

  • 加美⇒新大阪・・・・・・・・・300円
  • 桜島⇒新大阪・・・・・・・・・220円
  • 加島⇒新大阪・・・・・・・・・220円
  • JR難波⇒新大阪・・・・・・・220円

 

初めて新幹線で大阪に来た方が道頓堀に行く場合、大阪駅迄JRで乗車して、地下鉄に乗り換えるケースが多いのですが、実はJR線だけを利用する事で、無料(新幹線料金だけ)で、行く事も可能です。この場合は、JR難波駅で降りればいいのです。人気のUSJ最寄り駅、ユニバーサルシティ駅へも無料で行ける範囲です。

 

 

東京(都区内)⇔新大阪(市内)を賢く利用する方法

東京(都区内)⇔新大阪(市内)の意味が判明したところで、利用方法ですが、途中下車をしたら終わりという点にご注意ください。

 

例えば、葛西臨海公園駅から東京駅迄行って、そこから新幹線に乗り、新大阪駅に到着、そのままJRの改札を出ずに、天王寺駅迄在来線を利用した場合、追加費用は0(ゼロ)です。

 

しかし、東京駅や新大阪駅で一旦JR改札の外に出てしまったら、もう切符は戻って来ません。それ以降の電車代は追加費用になります。途中で何度も乗り降りが出来る便利なチケットではありません。あくまで新幹線に付随する乗車券である事を忘れてはいけません。

 

在来線に無料で乗れる新幹線チケット

普通チケット

東京大阪間をのぞみの指定席13,450円で購入した場合、勿論、『東京(都区内)⇔新大阪(市内)』の利用できます。何しろ定価ですから。

 

回数券チケット

6枚まとめて購入する必要がある回数券ですが、実は在来線でも利用できるのです。金券ショップで販売している新幹線チケットの正体も回数券をばら売りしているものなので、同じく利用可能です。

 

新幹線ホテル予約付きチケット

場合によってはホテル代が実質無料に出来る、新幹線とホテル予約の付いたツアー、郵送で送られて来る切符にも『東京(都区内)⇔新大阪(市内)』の記載があるので、利用できます。

 

 

在来線は追加費用がかかる新幹線チケット

ぷらっとこだま

約1万円で新幹線こだまに乗れるぷらっとこだまですが、さすがにこれ以上の特典は無いようで、新幹線乗車駅間以外は費用が追加でかかります。

 

エクスプレス予約チケット

ネットで予約してポイントも貯まる便利な会員サービスですが、専用ICカードが利用できるのは、新幹線の乗車駅だけです。よって在来線には費用がかかります。

 

EXプラスチケット(EXきっぷ)

EXプラスの場合も乗り換えには、在来線のチケットを別途購入する必要があります。EXきっぷの場合も残念ですが、きっぷが用意されるのは新幹線の料金のみです。

 

一見スマートで便利なエクスプレス予約・EXプラスにもこのような在来線では別途費用が発生するという弱点があります。よって、新幹線駅迄の乗車区間が長い方は、金券ショップや、新幹線ホテル予約セットを利用するのがお得です。