東京大阪間の移動を往復で考えるのであれば、『新幹線料金をホテル予約で格安にする方法』で紹介しているホテル予約付きの新幹線往復切符を購入するのがベストでしょう。しかし、宿泊券は付けなくてよい、片道だけの移動を考えた場合、出発地と時間によりますが、新幹線片道切符を購入するよりもお得に移動する事が出来るのです。

 

新幹線料金をお得にする方法をご紹介している当サイトですが、比較の為、飛行機で東京~大阪へ移動した場合をご紹介です。

 

東京~大阪移動で飛行機を選択

新幹線のぞみ指定席を選択した場合の運賃が14,450円になりますので、それより交通費が安くならないとお話になりません。よって大手航空会社のJALやANAでは比較しません。その理由は通常価値道運賃で25,000円以上、最大割引の得割でさえ14,000円前後になるからです。

 

候補に挙げられるのは、LCC(ローコストキャリア)で話題になっている格安航空券を売りにしている航空会社です。その中でも東京~大阪行きを就航しているのは、Peach:Peach Aviation(ピーチ)とJetstar(ジェットスター)がありますが、Peachの最初のフライトは、東京(成田)を11:30出発です。大阪(関西)には13:20に到着です。これでは余りにも着くのが遅いです。午後から出張にしては中途半端ですし、移動だけで1日を使ってしまいます。

 

Peachに比べてJetstarは、最初のフライトが9:35ですし、運賃も平均して1,000円ぐらい安い場合が多いです。よって今回、比較対象とする飛行機はJetstarです。新幹線と飛行機、ほぼ同時刻に出発して大阪駅にどちらが早く到着できるのか、コストはどうなのか、新幹線に比べて飛行機の自由度、快適度はどうなのかをお伝えします。

 

東海道新幹線とジェットスターの比較

出発場所ですが東京駅にした場合、完全に新幹線が有利なので、LCCのJetstarが出発する成田空港まで直通で行く事が出来る東京の日暮里駅にします。

 

Jetstar航空のあるターミナルは成田空港(空港第2ビル駅)です。日暮里駅から成田空港(空港第2ビル駅)までは、概ね75分前後かかります。成田エクスプレス等にしたら約15分程列車乗車時間を短縮できますが、プラス1,500円ぐらいかかりますので、あまりお勧めではありません。

 

コスト(トータル運賃)での結果

東京~大阪へ飛行機を利用した場合

日暮里から成田空港(空港第2ビル駅)までの電車運賃は最安値の1,030円とします。(京成特急を利用)
成田空港(空港第2ビル駅)から大阪の関西空港までの飛行機代は何と格安4,000円前後です。
大阪(関西空港)から大阪駅迄の最安運賃は1,100円です。

よって、1,030+4,000+1,100=6,130円です。

新幹線正規運賃のなんと半額以下で東京~大阪迄フライト出来るのです。これは驚異的な安さ、格安航空券は馬鹿になりません。しかしこれはあくまで全てのオプションをオフにした場合です。2人で乗車する場合、隣同士の席に座りたいので座席予約をするとプラスコストがかかりますし、手荷物は7kg迄が無料でそれ以上になるとやはり追加料金が必要になります。

 

それ以外にも制約が多くてビジネスマンにはお勧めではなかったりします。その理由は後ほどお伝えします。

 

東京~大阪へ新幹線を利用した場合

割引運賃を利用しないで、普通席新幹線のぞみの指定席で14,450円になります。新幹線の乗車区間は東京~新大阪です。日暮里から東京までの運賃は新幹線料金に含まれているので、無料となります。詳しくは、『東京都区内⇔新大阪市内の範囲』で説明しています。

 

自由度(快適度)に関して

新幹線の乗車ですが、実は出発する直前に席を予約する事も出来るのです。前日迄に指定席の予約をする方が多いかも知れませんが、直前まで何があるか分からない、サラリーマン(ビジネスマン)の場合、最寄りのJRの駅で乗車し、東京駅の新幹線の改札で新幹線指定席の予約をするのがお勧めです。よって自由度はかなり高いです。また、予約した新幹線に乗り遅れてしまった場合、当日に限り自由席で新幹線に乗車する事も可能です。また荷物の制限等もありませんので、お土産等をたっぷり持って移動する事が出来ます。

 

それに比べてJetstar航空ですが、まずチェックインは搭乗時間の30分までに済ませておかないと飛行機に乗る事が出来なくなります。さらに乗り遅れてしまった場合はもうそのチケットの価値は0ゼロです。次の便に搭乗する事は出来ません。その為の権利をオプション費用を払う事で追加も出来るのですが、一気に料金が高くなるので、格安航空券のメリットは薄れます。

 

更にJetstar航空の飛行機、前の席との間隔が非常に狭いです。成人男性なら普通に座っても膝が前の座先にふれるほどの座席間隔です。更に左右3列、3列の飛行機になる事が多いのですが、隣同士も動くとすぐに隣の方と肘がふれあうでしょう。よってちょっとぽっちゃり体型の方は、絶対とは言いませんが、あまり無理しない方がお勧めです。

 

以前、管理人がJetstar航空の飛行機を利用させてもらった時、ちょっと小太りの女性の方、かなりきつそうで見るこちらも辛かったです。通常体型の方ならフライト時間も1時間30分程なのでまあ、我慢できると思いますが、体型が太めな方はかなり辛い時間を過ごす事になるので、お勧めしません。因みに管理人が利用した時の主観ですが、さすが格安航空、乗車率は大抵95%以上を超えています。ほぼ空席なない状態です。

 

新幹線に関しては、平日利用であれば10分間隔で乗車する事が出来るので、伸び伸びゆったり乗車する事が出来ます。前の席の方が座席を倒して来ても間隔が広いので余りに気になりません。成人男性でも足をまっすぐ伸ばす事も出来るので、非常に楽な態勢で移動時間を楽しめます。

 

速さ(東京~大阪迄の移動時間)

新幹線のぞみの乗車時間は約2時間30分、それ以外の乗換時間を含めてもトータル約3時間の移動時間になります。対して格安航空券のJetstar航空の場合、東京から成田空港(空港第2ビル駅)までのアクセスで約70分、飛行機に登場するまでの待ち時間約50分、飛行機搭乗時間約90分、関西空港から大阪駅までのアクセスで約70分、トータル3時間40分、新幹線を利用する場合に比べて約1時間10分程余計に時間がかかります。

 

しかしあくまで東京から出発し、目的地が大阪駅の場合です。千葉や埼玉に在住の方の場合、飛行機を利用した場合の方が早いケースもあります。到着地が大阪駅でなく難波駅なら関西空港からのアクセスは、もっと早くなりますし、条件によって移動時間の差は出ます。

 

東京~大阪への移動:新幹線 VS 飛行機(格安航空券)のまとめ

確実に目的に迄行きたいのであれば、新幹線利用が間違いないです。更に宿泊を考えているのであれば、『新幹線料金をホテル予約で格安にする方法』の裏技がベストですが、片道のみの利用であまり時間的拘束もなく、雨天フライト中止などのリスクを許容する事が出来るのであれば、飛行機利用も悪くありません。

 

何より、乗車(フライト)時間だけを比較すると新幹線が2時間半かかるのに対して、飛行機は1時間も短い1時間半です。管理人が利用する時は、もう眠るぞと決めている時などです。目が覚めたら成田(空港第2ビル)駅から大阪(関西空港)に着いていますので、これはある意味快適です。

 

ただし、成田(空港第2ビル)駅から格安航空のJetstar航空がある第3ターミナルまでの距離は約750メートルあります。実はここが一番の落とし穴だったりします。早足で10分、歩くのが遅い方などは、無料のシャトルバスの利用もできますが、駅からターミナルまで更に15分程度の余裕を持っておいた方が良いです。

 

よって、5,000円程安くなる価値をどこに見い出すかによります。先にも記載しましたが、確実に遅れないで目的地に到着するという事を最優先に考えるのであれば、新幹線利用が一番実はお得だったりします。

 

たまに管理人も格安飛行機を利用する時もありますが、遅刻厳禁の出張の場合はやはり新幹線を利用しています。