新幹線の指定席の子供料金は、『のぞみ』が大人の14,450円の半額の7,220円、『ひかり・こだま』が14,140円の半額の7,060円になります。自由席の子供料金は6,800円です。子供料金は、小学生より適用されるので、未就学児童の場合は無料になります。

 

しかし、未就学児童の場合でも、指定席の座席に座る場合は、子供料金が必要になりますので、注意が必要です。詳しくは、『格安自由席を使いこなす方法』で一例を解説しておりますが、整理すると以下のようになります。

 

新幹線 東京大阪間の子供料金

 

大人1人と子供1人(未就学児童)で乗車する場合

指定席

大人の膝の上に座らせれば無料

但し席を確保する場合は、以下の料金がかかります。

  • 『のぞみ』・・・・・・・・7,220円(乗車券4,370円+特急券2,850円)
  • 『ひかり・こだま』・・7,060円(乗車券4,370円+特急券2,690円)

自由席

  • 『のぞみ・ひかり・こだま』・・無料

 

大人1人と子供1人(小学生)で乗車する場合

指定席

  • 『のぞみ』・・・・・・・・7,220円(乗車券4,370円+特急券2,850円)
  • 『ひかり・こだま』・・7,060円(乗車券4,370円+特急券2,690円)

自由席

  • 『のぞみ・ひかり・こだま』・・6,800円(乗車券4,370円+特急券2,430円)

 

大人1人と子供3人(全員未就学児童)の場合

指定席

大人のひざの上に載せられるのは2人までが限界という認識より、3人目は料金が発生します。勿論、3人分の席を確保する場合は子供料金が3名分必要です。

  • 『のぞみ』・・・・・・・・7,220円(乗車券4,370円+特急券2,850円)
  • 『ひかり・こだま』・・7,060円(乗車券4,370円+特急券2,690円)

自由席

自由席の場合も3人目には料金が発生します。

  • 『のぞみ・ひかり・こだま』・・6,800円(乗車券4,370円+特急券2,430円)

 

大人1人と子供3人(全員小学生)の場合

指定席

  • 『のぞみ』・・・・・・・・21,660円(乗車券4,370円+特急券2,850円)×3
  • 『ひかり・こだま』・・21,180円(乗車券4,370円+特急券2,690円)×3

自由席

  • 『のぞみ・ひかり・こだま』・・20,400円(乗車券4,370円+特急券2,430円)×3

 

子供1人で乗車する場合(未就学児童・小学生どちらでも)

大人と一緒に新幹線に乗車しない場合は、年齢に関係なく料金が発生します。

指定席

  • 『のぞみ』・・・・・・・・7,220円(乗車券4,370円+特急券2,850円)
  • 『ひかり・こだま』・・7,060円(乗車券4,370円+特急券2,690円)

自由席

  • 『ひかり・こだま』・・7,060円(乗車券4,370円+特急券2,690円)

 

新幹線の子供料金、小学生未満の未就学児童であれば、自由席は無料ですが、座席を確保するとなると料金が発生するという事がポイントになります。尚、指定席と自由席の料金の差は、『のぞみ』で420円、『ひかり・こだま』で260円です。

 

往復料金になると、840円、520円です。わずかな差ではありますが、人数が多くなると家計に響く額になります。更に未就学児童の場合は、指定席、自由席の差は『のぞみ』で7,220円、『ひかり・こだま』で7,060円です。(自由席が無料になる為)

 

時期によって、自由席、指定席を使い分けるのが賢い乗車方法になるでしょう。わずか数百円単位の計算で頭を悩ませるのが面倒な方は、割引額が非常に大きい『新幹線宿泊セット』で最初から予約してしまうというのも1つの方法です。