東京大阪間の新幹線料金は馬鹿にならない値段です。片道でさえ1万円以上しますから、往復料金ともなると結構な金額です。

 

新幹線『のぞみ』の指定席通常運賃が14,450円なので、往復運賃ともなると2倍の28,900円にもなります。往復で新幹線を利用するのだから、何とか安くならないのと思うのが人の常です。

 

しかし、結論から申しますと、東京大阪間の新幹線料金に往復プランはありません。勿論、新幹線には往復割引制度があるのですが、東京大阪間では利用出来ません。片道の乗車営業区間が601キロを超えないと適用されないのです。

 

尚、新幹線の往復割引制度に関しては、『新幹線で往復割引制度を賢く使う方法』をご参考下さい。

 

実は東京大阪間の移動距離は、約550キロで、約50キロ足りないのです。よって、東京広島間などでは、往復割引運賃で新幹線チケットを購入出来るのですが、東京大阪間では購入できないのです。

 

しかし、本当に往復割引チケットで購入する事が出来なければ、こちらでご紹介はしません。実は、東京大阪間の新幹線でも往復割引で新幹線チケットを購入する裏技があるのです。

 

東京大阪間の新幹線チケットを往復割引で購入する方法

 

JRの往復割引制度の定義には、往復乗車券をご利用になる場合に、片道の営業キロが601キロ以上あれば、「ゆき」、「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になりますと書かれています。これが俗に言う、往復割引運賃です。

 

この制度の意味は、JRの営業乗車区間、乗った駅から、降りた駅迄の区間が601キロ以上あればいいのです。よって新幹線の乗車距離が601キロなくてもいいのです。

 

往復割引運賃を適用させる為には、JRの営業区間距離を601キロ以上にすれば良いので、東京大阪間の新幹線を利用する方で、それ以外の在来線での乗車距離も加算すると601キロ以上あるという方、耳寄りな情報です。

 

往復割引は在来線を含めて601キロを超える事

 

601キロという距離は、新幹線に乗る前、乗った後、どちらでも在来線を利用すれば、距離に加算されます。但し、注意事項として、私鉄を利用した場合の距離は加算されません。よって往復割引の適用を受けたいのであれば。必ずJRだけを利用するようにしましょう。

 

ここで具体的な使用例をご紹介しますが、これはあくまでシミュレーションですので、詳細はJRのみどりの窓口でご確認ください。

 

例えば、東京近郊の埼玉県の川越市に住んでいる方が、大阪のユニバーサルスタジオ迄新幹線を利用すると仮定するケースで説明します。JR川越駅から、JRユニバーサルシティ駅迄トータルで、往復割引が適用されるギリギリの約610キロの距離になります。(えきねっと検索結果より)

 

川越駅→東京駅(JR在来線)

東京駅→新大阪駅(東海道新幹線)

新大阪駅→ユニバーサルシティ駅(JR在来線)

 

この場合、通常ですと、新幹線の指定席特急料金が5,700円、乗車券が9,610円の合計15,310円です。往復料金なので、2倍の30,620円です。これに往復割引運賃が適用されると28,690円になります。

 

あれっ30,620円の1割引きだから、27,550円になるのではと気がついた方、鋭いです。実は、新幹線で往復割引運賃が適用されたとしても、合計料金から綺麗に1割引きにはなりません、そのからくりは、次のような計算をしているからです。

 

新幹線の場合 往復割引で1割引きにはならない

 

往復割引運賃は以下の計算をしています。
乗車券の料金×0.9=片道の乗車券料金(10円未満の端数は切り捨て)
片道の乗車券料金×2=往復分の乗車券料金

 

そうです、往復割引運賃は、乗車券にしか適用しません。よって、今回の場合は、(乗車券9,610円×0.9)×2=17,290円という乗車券に特急料金の11,400を足して、28,690円になるのです。

 

新幹線を利用する場合、往復割引運賃が適用できても1割引きにはならないので、ご注意です。今回のケースでは、全体で約2,000円程しか安くなりません。しかし、新幹線料金はなかなか安くならないので、これでもかなりの割引率です。

 

また、往復割引の適用を受ける為には、JRのみどりの窓口や旅行会社に直接いかなければならず、必ず往復でチケットを購入しなければならないという制限もあります。

 

 

東京大阪間新幹線往復割引に関してのまとめ

 

まとめると、東京大阪間新幹線で往復割引運賃で安くするのは以下の事に注意です。

  • 在来線を含んで601キロ以上JRを利用する
  • 往復で新幹線チケットを購入する必要がある
  • 割引が適用されるのは乗車券のみなので、割引率は、0.6%~0.7%程度になる

 

 

それならば、新幹線の往復チケットとホテルの予約がセットになった、『JR・新幹線宿泊セット』の方が、断然格安でお得になります。詳しくは、『新幹線料金をホテル予約で格安にする方法』で解説していますので、ご参考下さい。