新幹線に初めて乗車する方必見の情報です。修学旅行や団体旅行等で新幹線に乗車した事はあるけれど、プライベートや仕事で初めて新幹線に乗る時、ドキドキしますね。そんなドキドキを緩和する為に簡単に新幹線の予約をして新幹線チケット(切符)を買う迄の流れや予約システムについての解説です。

 

尚、新幹線を利用して1泊以上の旅行の場合は、『新幹線料金をホテル予約で格安にする方法』で解説しているように、JRで直接チケットを購入しない方がお財布に優しいです。

 

新幹線の予約といっても、新幹線には指定席があるので、指定席に座る為だけに予約が必要です。自由席に座る予定の場合は、予約は不要になります。勿論、ちょっと贅沢したい方の為のグリーン車も全席指定席になるので予約が必要になります。

 

さて新幹線の予約方法ですが、大きく分けると2種類です。JRの窓口もしくは、新幹線の指定席券売機で座席の予約をする方法と、インターネット(PCやスマートフォン)で予約する方法です。それ以外に旅行会社で予約し、かつ新幹線料金も格安にするという裏技もありますので、あわせてご紹介です。

 

新幹線の予約方法

JRみどりの窓口で予約する

JRの全国主要都市の駅にあるJRみどりの窓口、新幹線の切符以外にJR主催の各種旅行プラン等も扱っています。駅に寄りますが、コンビニエンスストア程度のスペースがあり、結構目立つので、目にしている方も多いでしょう。このみどりの窓口で新幹線のチケットを購入すると同時に席を指定してしまうのが一番簡単な予約方法になります。

 

伝え方ですが、まずは新幹線の区間、例えば東京から大阪迄と言えば、東京駅と新大阪駅間の切符を手配してくれます。次に乗車日ですが、その時に何時に大阪に着きたいとか、何時に東京発の新幹線に乗りたいなどの希望を伝えると親切に席の空き状況等を調べてくれます。そこで2列シートがいい、窓際、通路側が良いといった希望を出して席を確保するのがお勧めです。映画館で席を予約するのと同じイメージです。

 

JRみどりの窓口で予約すると駅によっては、乗車券と特急券をセットにした1枚でチケットを発券してくれます。新幹線乗車は通常2枚の切符があり、2回改札を通す必要があるので、不慣れな方は1枚にしてもらった方が楽です。因みに2枚の新幹線チケット(切符)を正しく使う方法は、『新幹線切符を在来線で利用する』で解説しています。

 

指定席券売機で予約する

JRみどりの窓口内や新幹線改札そば等に設置してある指定席券売機でも、新幹線のチケット購入から座席の指定が可能です。もちろんグリーン車の予約もできます。切符を購入する感覚でタッチパネルをポンポン押していくだけなので意外と簡単です。

 

座席に指定の予約画面では、列車の車両ごとに混雑状況を分かりやすい画面で確認できます。新幹線の予約状況を細かくチェックしてから予約したい方にお勧めです。また、JRみどりの対人窓口が混雑している場合などにも重宝する券売機です。

 

 

インターネットで予約する

落ち着いた環境でゆっくり予約をおこないたい方、スマートに予約から購入までをおこないたい方にお勧めの予約方法ですが、会員になっている事が前提条件になります。会員向けサービスとして通常より新幹線料金が安くなったり、予約開始日より早く購入できるなどの特典があります。詳しくは『エクスプレス予約-プラスexでスマートに安くする』で解説しています。

 

 

旅行会社で予約する

旅行会社でもJRみどりの窓口と同じように、乗車区間や乗車日を伝えると予約する事が可能です。ただし、チケットの払い戻し等がJRで出来なくなる場合もありますので、予約時にデメリットは確認しておいた方がいいでしょう。

 

旅行会社で新幹線の予約をするのであれば、パソコン1台あれば出来る、ホテル予約付きの新幹線チケットを購入する方が断然お得です。詳細は、『新幹線料金をホテル予約で格安にする方法』をご参照ください。

 

 

 

新幹線の予約はいつから出来るのか

指定席(グリーン車含む)の予約は、乗車予定日の1月前から可能です。例えば、7月1日の新幹線の座席指定の予約をしたい場合、6月1日の午前10時から予約する事が可能です。

 

また逆に席が空いていれば、当日乗車の新幹線でも指定席の予約をする事が可能です。

 

また注意事項として、予約といっても座席の予約ですので、先に新幹線のチケットを購入していないと予約する事は出来ません。但し、新幹線のチケットを持っていれば、後から予約をする事は可能なので、チケットの購入と同時に座席指定の予約をする必要はありません。

 

購入と同時に座席を指定してしまうのが一番簡単で楽ですが、乗車日は決定しているが、乗車時間が未定の場合などに使えるテクニックです。