東京大阪間乗車の新幹線で料金を安くする方法として、JR東海が力を入れているのが、EX(エクスプレス)予約とプラスEXです。

 

スマートフォンやパソコンから手軽に予約する事が出来ますので、わざわざJRのみどりの窓口に行く手間が省けます。しかも最初から新幹線料金、割引価格で購入出来ます。

 

出張等で何度も東京大阪間の新幹線を利用する方にとって、ポイントも貯まるのでお得なサービスになります。

 

でもなぜ、EX(エクスプレス)予約とプラスEXの2つがあるかというと、大きな違いは2つです。

 

1つ目は、サービスの提供範囲が違っている為です。新幹線の区間でいうと、東京博多間で使用できるのが、EX(エクスプレス)予約、東京大阪間限定なのが、プラスEXになります。

 

2つ目は、クレジットカードを増やすかどうかです。EX(エクスプレス)予約は、新規で専用のクレジットカードを発行する必要があります。しかし、プラスEXは、その名の通り、既存のクレジットカードに新幹線を割引価格で購入する為の機能を付加するだけになります。

 

クレジットカードをたくさん持つと管理が面倒という方には、プラスEXの方が便利です。*EX(エクスプレス)予約でも、モバイルSuicaにすれば、カード不要になります。

 

実は細かいところで少しずつ違いもあるので、EX(エクスプレス)予約とプラスEXの詳細部分を比較してみました。

 

 

EX(エクスプレス)予約 プラスEX
年会費 1,000円  500円
新幹線料金 13,370円  13,940円
専用ポイント
(グリーンプログラム)

 

 

では、本当にお得なのは、EX(エクスプレス)予約とプラスEXどちらなのでしょうか。

 

東京大阪間の新幹線でお得なのはEX(エクスプレス)予約

 

EXプラスにすれば、確かに余計なクレジットカードは増えないし、年会費も500円で済みます。しかし、わずかですが新幹線料金は、高くなります。その差、EX(エクスプレス)予約と比べて、570円です。570円の差は、結構大きいです。

 

新幹線『のぞみ』の指定席通常運賃が14,140円として、2回以上新幹線を利用しないと元をとれないのは、同じですが、2回以上利用するのであれば、EX(エクスプレス)予約の方が、料金としてはお得になっていきます。

 

EX(エクスプレス)予約 プラスEX
2回目 26,740円 27,880円
3回目 40,110円 41,820円
4回目 53,480円  55,760円

 

更に、グリーンポイントというグリーン席を利用できるポイントのサービスが、プラスEXにはありません。

 

ここまで比較すると、EX(エクスプレス)予約の方が断然お得のようです。サービス区間も長く、東京博多間が利用できるので、東京大阪間の限定が嫌な方は、EX(エクスプレス)予約がお勧めです。

 

また実は裏技として、IC早得を利用すれば、EX(エクスプレス)予約とプラスEX、共に12,340円で東京大阪間の新幹線チケットを入手する事が出来ます。ただし、乗車3日前迄に予約を完了させておく必要があります。それでも往復料金は2万5,000円かかってしまう計算になります。それなら、同じ程度の料金でホテルにも宿泊できる『新幹線宿泊セット』の方がお得です。

 

新幹線通常料金よりは安いけれど、『ぷらっとこだま』程の激安感はない、EX(エクスプレス)予約とプラスEX、他注意事項をまとめてみました。

 

EX(エクスプレス)予約とプラスEXのメリット・デメリット

メリット

  1. ネットで簡単に予約する事が出来ます
  2. キャンセル以外の予約変更は無料で出来ます
  3. チケットレスでスマートに乗車可能です
  4. エクスプレス会員限定のサービスもあります
  5. 通常期、繁忙期の区別なくいつもで割引価格です

 

デメリット

  1. まとめて複数利用向きではありません・・・・・会員でない方との2人以上で新幹線の割引チケットを購入したい場合は、結局切符が必要になります。
  2. 新幹線の乗車のみ有効・・・・・・在来線を利用する場合は、別途料金が発生する事に注意してください。東京駅や、新大阪駅付近にお住まいの方はあまり影響ありませんが、在来線の乗車区間が長い方は、実は全然格安でなかったというケースもあります。
  3. 実はそれほど高い割引率ではありません

 

急に出張が決まったりした場合など、ネットで楽に購入するメリットはありますが、日帰りに固執しなくても良い場合などは、『新幹線宿泊セット』の方がやはりお得率は高いです。